自律神経失調症 治し方

自律神経失調症の治し方

最短3日!自律神経失調症は治ります!詳しくは下記で

 

 

現代病の一つとも言われている自律神経失調症。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2つの神経からなっていますが、
精神的なストレスや不規則な生活、食生活の乱れ、ホルモンバランスの影響などによって自律神経のバランスが崩れてしまうと、心身ともに様々な不調が起こります。

 

 

 

自律神経失調症の症状を放置し、何も治療を受けないでいるとやがてうつ病を発症することもあるため、自律神経失調症は早期に適切な治療が必要となってきます。

 

 

 

今回は自律神経失調症の治し方についてまとめてみました。

 

 

 

 

自律神経失調症の治し方1【薬物治療】

 

自律神経失調症では、めまいや吐き気、頭痛、動悸、不眠、イライラなど心身ともに様々な症状が現れる病気です。

 

そのため、病院での治療はまず薬を使い、これらの辛い症状を和らげる薬物治療が行われます。

 

自律神経失調症には漢方薬も有効だとされています。

 

漢方薬の場合はすぐに効果を得られることはありませんが、漢方薬の服用を続けていくことで体質を改善することはできます。

 

 

 

 

自律神経失調症の治し方2【心理治療】

 

自律神経失調症の原因の一つとして、過度なストレスがあげられ、
自律神経失調症の発症の背景には、人間関係でのトラブルや仕事に対するプレッシャー、悩みごとをかかえていることが多いです。

 

 

心理治療では、自律神経失調症の発症の原因となっている心理面での問題に注力、ストレスを和らげる治療方法です。

 

 

 

特に過度なストレスによって心のバランスが崩れている時に有効な治療法ですし、
元々ストレスに弱い体質の方はストレスに対する耐性を高める効果も期待できます。

 

 

 

薬物治療だけで治そうとすると再発しやすいですが、薬物治療に心理治療を加えると再発しにくいと言われています。

 

 

 

 

また、自律神経失調症を治すには、自律神経を整える必要がありますが、
これまでの習慣を見直し改善するだけでも克服することができます。

 

 

 

自宅で可能な自律神経の整え方としては、これまでの食生活を見直し改善したり、
不規則な生活を送られている場合はこれまでの生活習慣を改善したりすることでも自律神経を整えることができます。

 

 

 

ストレスを感じている場合は、そのストレスの原因を把握し心がリラックスできるように半身浴をしたり、アロマや好きな音楽を聴く、一人カラオケに行くなど、ストレスをため込まずに適度に発散できるような環境作りも大切です。

 

 

最短で確実な治し方はこれです⇒自律神経失調症善プログラム

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるため、頭痛や吐き気、めまい、不眠、不安感、イライラなど心身ともに様々な不快な症状を伴う病気です。

 

 

 

自律神経失調症の発症の原因としては、仕事や人間関係などによる過度なストレスであったり、食生活の乱れ、不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどが影響していると考えられています。

 

 

 

そして、自律神経失調症と首には大きな関係があり、首が原因となって発症することもあります。

 

 

 

 

『以前から首の凝りが気になっており、最近首まわりがパンパンに感じ整体に行ったら、首の凝りから血行不良をおこし、副交感神経の働きが弱くなっておりそれに伴い自律神経失調症の症状として様々な症状に悩まされていたことが分かった。』といった体験談もあるほど、自律神経失調症の予防や改善において首は重要なポイントとなります。

 

 

 

 

首には脳と体を結びつけ、自律神経のバランスを保つために重要な役割を担っているのですが、緊張や運動不足などで首周辺の筋肉が凝り固まってしまったり、首にゆがみが生じると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ自律神経を乱してしまい、その状態が続くと自律神経失調症として不快な症状を伴うのです。

 

 

 

 

実際に首の凝りやゆがみの症状とともに、頭痛やめまい、吐き気、不眠、イライラなどの症状を伴いやすく、ただの首の凝りやゆがみを軽視していたら、どんどん症状が深刻になっていき鬱のような症状を伴うこともあります。

 

 

 

 

ガチガチに固まった首の凝りを和らげるにはストレッチも効果的ですし、
首の歪みに関しては、整体に行くなど専門の方の指導を受けると歪みを改善することができます。

 

 

 

 

また、首を冷やすと血行を悪くし首凝りを悪化させてしまいますので、
冬場の外出時は必ずマフラーをまいたり、タートルネックの服を着るなど首を冷やさないような配慮も必要です。

続きを読む≫ 2016/10/08 11:09:08

両親のどちらかが自律神経失調症を患っている場合、「将来子供に遺伝するのではないか…?」といった不安や、両親のどちらかが自律神経失調症の場合、「いずれは自分にも遺伝するのではないか?」といった心配をされる方も多いと思います。

 

 

 

そもそも自律神経失調症は遺伝するのでしょうか。

 

 

 

結論から言いますと、自律神経失調症が遺伝するという遺伝子は特定されておらず、医学的に証明されていないため、自律神経失調症が遺伝によって発症するのかは明確になっていません。

 

 

 

 

しかし、自律神経失調症が直接的に遺伝はしなくても、体質や性質というものは遺伝するため、両親のどちらかが自律神経失調症で、自律神経失調症になりや
すい体質を引き継いだため自律神経失調症を発症することはあります。

 

 

 

では、自律神経失調症になりやすい体質や性質とはどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

 

特にストレスに弱い体質であったり、虚弱体質、繊細な人、周囲の目を気にしてしまうなどの性格の持ち主は、ストレスを受けやすいため自律神経に影響を与え、自律神経失調症になりやすいと言われています。

 

 

 

 

※必ずしも上記のような性格の持ち主が自律神経失調症を発症するわけではありません。
また、家庭環境によって自律神経失調症を発症しやすくなることもあります。

 

 

 

 

特に幼い頃から就寝時間が遅いといった環境で育つと、なかなかその生活習慣を改善することは難しいのですが、夜ふかしばかりしていると、夜間に優位な状態となる副交感神経の働きが弱まってしまい、常に交感神経ばかりが優位な状態にあり、体だけではなく脳にも支障を与えてしまうのです。

 

 

 

 

さらに、就寝時間が遅い子供の場合、幼稚園のバスの時間に間に合わずに遅刻してしまう、幼稚園でウトウトと眠くなってしまい、幼稚園側から『迎えに来て下さい…。』と連絡が入った方もおられるほど深刻な問題になることもありますので、子供の家庭環境も非常に大切だと言われています。

続きを読む≫ 2016/10/08 11:07:08

アロマや紅茶、柔軟剤などの良い香りをかぐと心地良く感じるという経験は誰でもあると思いますが、これは本能と感情を司っている大脳辺縁系に刺激を与えることで心地良く感じることができるのです。

 

 

 

一方、ゴミなどのくさいにおいをかぐと、不快に感じたりイライラしてしまうように香りが与える影響も大きく、自律神経失調症を改善するためにはアロマも有効だとされています。

 

 

 

自律神経失調症の発症の背景には過度のストレスがあることが多いのですが、
例えば、仕事に対するプレッシャーを感じていると不安感や悩み事が絶えずに、常に心身ともに緊張状態にあり自宅に帰ってもリラックスすることはできません。

 

 

 

そんな時にお勧めなものがアロマテラピーです。

 

 

 

 

アロマテラピーにはリラックス効果があり、神経の高ぶりを鎮めるといった効果が期待できるため自律神経失調症の方には特にお勧めです。

 

 

 

 

アロマなどの良い香りをかぐことで、『いい香りだな〜♪』という心地良さが、自律神経を司っている視床下部という部分に伝わり、副交感神経が優位な状態となり、リラックスすることができるのです。

 

 

 

つまりアロマ自体が自律神経失調症に効くというわけではなく、アロマの良い香りをかぐことで副交感神経が優位な状態となり、その結果自律神経を整える効果が期待できるというわけです。

 

 

 

 

自律神経失調症の方にお勧めなアロマオイルをいくつか紹介したいと思います。

 

 

 

 

@肩こりや頭痛の症状を伴う方には・・・ラベンダー、ペパーミント、ローズマリーなど

 

A吐き気の症状を伴う方には・・・ペパーミント、ティーツリー、オレンジスイートなど

 

B不眠の症状を伴う方には・・・ラベンダー、ベルガモット、イランイラン、ローズマリーなど

 

C動悸の症状を伴う方には・・・ラベンダー、ティートゥリーなど

 

D不安感やうつっぽい症状を伴う方には・・・オレンジ、グレープフルーツなど

 

 

 

 

アロマテラピーは自宅でのリフレッシュタイムをはじめ、アロマオイルをハンカチなどに数滴垂らしたものを携帯しておくと、職場や外出先で『一息つきたいな…。』という時にも手軽に試すことができますのでお勧めです。

続きを読む≫ 2016/10/08 11:05:08

自律神経失調症だと診断された場合はまず薬物療法を取り入れて治療を進めていきます。
自律神経失調症の治療には抗不安薬、自律神経調整薬、抗うつ薬、ビタミン剤、ホルモン剤などが使われます。

 

薬物療法を行うことで気になる症状を改善していくことができますが、自律神経失調症を自力で治すことは可能なのでしょうか。

 

自律神経は自分の意志では動かすことのできない神経なのですが、崩れてしまった自律神経のバランスを整えることはできます。

 

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで起こりますが、自律神経失調症を治すにはこれらの神経のバランスを整える必要があります。

 

自律神経を整える方法を紹介します。

 

・規則正しい生活を心がける。
毎日同じ時間に起きる、同じ時間に寝る。
忙しくても睡眠時間はしっかりと確保する。
1日3食をなるべく毎日同じ時間に食べるようにする。

 

・太陽の光をしっかりと浴びる。

 

・ウォーキングやジョギング、ヨガなどの軽く汗ばむ程度の運動習慣をつくる。

 

・食べる時はよく噛むように心掛ける。

 

・少しぬるめのお湯に20分〜30分程度つかる、半身浴を行う。

 

・腹式呼吸をする。

 

・栄養バランスの摂れた食事を心掛ける。

 

・自律神経のバランスを整える作用のあるツボを刺激する。

 

・自律神経失調症に効くサプリメントを摂り入れる。

 

などなど、自律神経失調症を自力で治すにはまず自律神経のバランスを整える必要がありますので、続けられそうなものから取り入れてみて下さい。

 

また自律神経失調症を引き起こす原因として、不規則な生活、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどがあげられますが、自力で治す上で、自律神経失調症の原因となっているものを取り除く必要もあります。

 

お風呂にゆっくりとつかる、音楽やアロマなどのリラックスタイムを設けることで、ストレスを溜め込まない習慣がつき、自律神経失調症の予防にも繋がります。

 

自律神経失調症を薬にだけ頼り治療を進めていくと再発を繰り返すリスクも高くなりますが、

 

自分の力で自律神経失調症を根本から改善していくことで再発のリスクも低くなります。

 

パニック障害 原因|完治する治療方法は、薬を飲まないで自力で治す方法が紹介されています。

 

この方法は自律神経失調症でも非常に効果的ですので、是非参考にして下さい。

続きを読む≫ 2014/05/23 20:19:23

自律神経失調症は過度のストレスによって自律神経のバランスが崩れ、心身ともに様々な症状が引き起こされてしまう病気です。

 

自律神経失調症の症状は様々ですが、めまい、食欲不振、頭痛、動悸、不眠、イライラ、吐き気などの症状が現れますが、自律神経失調症は自然に治るという病気ではなく治療が必要になってきます。

 

症状を放置しておくと悪化しやすく、まず自律神経失調症の症状を改善する為に薬を使った治療を行う必要があります。

 

自律神経失調症の薬物療法では主に、抗不安薬、自律神経調整薬、抗うつ薬、ビタミン剤、ホルモン剤などが使われますが、

 

薬に抵抗感があったり、薬の副作用のリスクが気になってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そんな方は自律神経の乱れや、症状を改善する効果のあるサプリメントを試すという選択肢もありますよ^^

 

自律神経失調症に効果的だと言われている代表的なサプリメントをいくつか紹介します。
まずローヤルゼリーは自律神経失調症を改善するのに効果のある成分が豊富に含まれており注目を集めています。

 

ローヤルゼリーにはアセチルコリンという成分が含まれているのですが、この成分が不足すると自律神経のバランスが崩れやすくなってしまうのです。

 

ローヤルゼリーにはアセチルコリンが豊富に含まれていますので、症状の緩和や改善効果が期待できます。

 

また弱っている副交感神経を活発にしてくれるといった働きも期待できます。

 

そしてギャバも自律神経失調症に有効だとされています。

 

ギャバには脳の新陳代謝を促進する働きがあり、自律神経の働きをサポートし、自律神経失調症の症状を改善する効果があると言われています。

 

その他に高麗人参にはサポニンという物質が含まれており、自律神経を調整したりストレスを軽減するといった働きがあります。

 

自律神経失調症は一度治っても再発しやすい病気だとも言われていますし、季節の変わり目は自律神経のバランスが崩れやすくなります。

 

自律神経失調症は規則正しい生活や適度な運動、そしてバランスの摂れた食事を心掛けることでも改善に繋がります。

 

食事からバランス良く栄養素を摂取できない場合は手軽なサプリメントを試してみることをお勧めします。

 

サプリメントで栄養を効率良く摂取することで症状の緩和や改善、再発防止にも繋がります。

続きを読む≫ 2014/05/23 20:17:23

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経がバランスを保っていることで、

 

体温調節、血液や血管の収縮拡張、ホルモンの分泌調整などの体内の機能を正常に保つことができていますが、この2つの神経のバランスが崩れることで心身ともに様々な不快な症状が引き起こされてしまうのです。

 

自律神経失調症の症状として、疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、イライラなどがあります。

 

自律神経は自分の意志では動かすことのできない神経ですが、ツボを刺激することで自律神経に刺激を与え整えることができると言われています。

 

自律神経失調症の症状を和らげるためのツボを症状別にいくつか紹介します。

 

 

@頭痛の症状を伴う場合

 

・百会
・かみてんちゅう
・風地

 

Aむかつき、吐き気の症状を伴う場合

 

・胃兪

 

B耳鳴りや肩凝りの症状を伴う場合

 

・風地
・けんせい
・けんがいゆ

 

Cのぼせやイライラの症状を伴う場合

 

・合谷
・手の三里

 

D下痢や腹痛の症状を伴う場合

 

・大腸兪
・小腸兪

 

E足の冷えやほてりの症状を伴う場合

 

・足の三里
・三陰交

 

また自律神経失調症は疲労やだるさの症状も感じやすいと言われていますが、

 

天柱、風池、三里などを刺激すると疲労やだるさに効果的なツボだと言われています。

 

ツボは手軽に刺激することができますので、気になる症状に合わせて刺激してみて下さい。

 

ちなみにツボを刺激する時はお風呂に入っている時や入浴後のリラックスタイムに行うとより効果的だと言われています^^

続きを読む≫ 2014/05/23 20:16:23

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで、心身ともに様々な症状を伴う病気ですが、

 

不規則な生活、ストレス、妊娠や出産によるホルモンバランスの変化などによって起こりやすくなります。

 

自律神経失調症と診断されたら薬物療法を取り入れて治療を勧めていきますが、薬だけで治そうとすると症状がなかなか改善されなかったり、治っても再発を繰り返しやすくなります。

 

自律神経失調症を治すには食生活を見直す必要もあると言われています。

 

自律神経失調症の回復にはさまざまな栄養素が必要だと言われており、まず神経の働きを正常に保つ働きがあるビタミンB群。

 

ビタミンBは強いストレスが続くと大量に消費されてしまい、ビタミンBが不足することで自律神経のバランスが崩れやすくなります。

 

ビタミンBは豚肉や大豆などに豊富に含まれており、積極的に摂り入れることで自律神経のバランスを整えることができます。

 

特にビタミンB12を豊富に含む納豆、味噌、醤油、サバ、イワシ、レバー、チーズなどが良いと言われています。

 

そしてビタミンAやEも自律神経のバランスを整え、症状の改善効果が期待できると言われていますし、カルシウムはイライラや不眠解消の効果が期待できます。

 

ストレスが蓄積することでカルシウムが不足してしまいますが、カルシウムを積極的に摂取することで、イライラや不眠といった症状を和らげることができます。

 

カルシウムはチーズや小魚に豊富に含まれています。

 

またビタミンCにもストレス解消効果があります。

 

ストレスを感じることでビタミンCが大量に消費されてしまうのですが、積極的にビタミンCを摂取することで、自律神経失調症の予防にも繋がります。

 

ビタミンCを豊富に含む食品としては、ホウレンソウ、ブロッコリー、オレンジ、グレープフルーツなどです。

 

これらの食べ物を積極的に取り入れると自律神経失調症の改善や予防に効果的だと言えますが、これらの食べ物だけを摂取したらいいというわけではなく、あくまでバランスのとれた食事が基本になります^^;

 

食べ物から補うのが難しい栄養素に関してはサプリメントなどで効率よく補うこともできます。

 

逆にコンビニ食やレトルト食品、保存料や添加物が沢山含まれたもの、お菓子、カフェイン、アルコールなどは栄養が偏ってしまい自律神経のバランスを崩しやすくなりますので、なるべく避けるようにして下さい。

続きを読む≫ 2014/05/23 20:14:23

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで心身ともに様々な不調が起こります。

 

崩れてしまった自律神経のバランスを整えるには、薬物療法に加え生活習慣を見直す必要もありますし、適度な運動を取り入れるとより効果的だと言われています。

 

実際に自律神経失調症の方が適度な運動を行うことで、症状の改善や再発防止に繋がるという報告も沢山あります。

 

では自律神経失調症の方にはどのような運動が効果的なのでしょうか。

 

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や、ヨガ、ストレッチなどの軽く汗ばむ程度の運動が効果的だと言われています。

 

自律神経失調症の人の中には辛い症状から運動することから遠ざかっているという人もおられるのではないかと思いますが、

 

適度な運動を取り入れることで、交感神経と副交感神経のバランスが整い、血流が良くなり、体の免疫力を高めることができます。

 

そして軽く汗ばむような運動を行うことで爽快感が得られますし、日中に運動を行う習慣を身につけることで、メリハリがつき快眠効果も得られます。

 

また有酸素運動以外にもヨガがお勧めです。

 

実際に病院で医師からヨガを勧められたりすることもあるようです。

 

ヨガには自律神経を整えたり、心身ともにリラックス効果が得られ、自律神経失調症の治療や再発を予防する為に効果的だと言われています。

 

特に背筋を反らすポーズは、背中の中枢神経を刺激し、自律神経を活性化させるといった効果が期待できます。

 

日常生活の中でなかなか背中を反らすポーズはしないですし、その他にもヨガには様々なポーズがありますので、肩こり、腰痛、頭痛、不眠などの症状を和らげる効果も期待できます。

 

さらにヨガはポーズを取りながら深い呼吸を入れていきますので、続けることで正しい呼吸法が身につき自律神経の働きを正常に戻してくれるのです。

 

有酸素運動やヨガを習慣づける事で、自律神経失調症の症状の改善や再発防止に繋がります。

 

逆に自律神経失調症の人は激しい運動は控えた方がいいです。

 

激しい運動を行うと乳酸という疲労物質が体内に蓄積し、さらに心身を疲れさせてしまうからです。

続きを読む≫ 2014/05/23 20:13:23