自律神経失調症 治し方 ツボ

自律神経失調症の治し方、ツボ編

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経がバランスを保っていることで、

 

体温調節、血液や血管の収縮拡張、ホルモンの分泌調整などの体内の機能を正常に保つことができていますが、この2つの神経のバランスが崩れることで心身ともに様々な不快な症状が引き起こされてしまうのです。

 

自律神経失調症の症状として、疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、イライラなどがあります。

 

自律神経は自分の意志では動かすことのできない神経ですが、ツボを刺激することで自律神経に刺激を与え整えることができると言われています。

 

自律神経失調症の症状を和らげるためのツボを症状別にいくつか紹介します。

 

 

@頭痛の症状を伴う場合

 

・百会
・かみてんちゅう
・風地

 

Aむかつき、吐き気の症状を伴う場合

 

・胃兪

 

B耳鳴りや肩凝りの症状を伴う場合

 

・風地
・けんせい
・けんがいゆ

 

Cのぼせやイライラの症状を伴う場合

 

・合谷
・手の三里

 

D下痢や腹痛の症状を伴う場合

 

・大腸兪
・小腸兪

 

E足の冷えやほてりの症状を伴う場合

 

・足の三里
・三陰交

 

また自律神経失調症は疲労やだるさの症状も感じやすいと言われていますが、

 

天柱、風池、三里などを刺激すると疲労やだるさに効果的なツボだと言われています。

 

ツボは手軽に刺激することができますので、気になる症状に合わせて刺激してみて下さい。

 

ちなみにツボを刺激する時はお風呂に入っている時や入浴後のリラックスタイムに行うとより効果的だと言われています^^